So-net無料ブログ作成
検索選択

「ランちゃん」の災難。 2008.11.17

2008.11.17

本日もkenken(妻)です~(^^)

先日追加したマルチはだいぶ水槽になじんでくれました。
ケラマハナダイの「けらちゃん」の目を盗んでは、
水槽中のライブロックをつつきまわしています。
時々、ヒレに白点がついているのが気になりますが、
今のところは元気一杯なので、様子見です。

で、今日はランドールピストルシュリンプの「ランちゃん」について。
なんだか、ランちゃんは災難ばかりなんです。
まず、水槽に入った直後、「けらちゃん」の口に吸い込まれながらも、生還。
その後、ネジリンボウと出会えたものの、
ネジリンボウは翌日☆になり、一人ぼっちに。
ここまでは、以前のブログにも書きました。

そこから、ですが。マルチを導入したその日。
マルチの導入完了後、後片付けをしながら、ふと、
濾過マットを掃除しよ、と思い立ってマットをめくったところ、なにやら赤いものが。
ん?と思ってよく見れば、それはマットに絡まって動けなくなったランちゃん。
何でこんなとこにいるの???

私の頭の中は、またもハテナでいっぱい。
とにかく人工海水の入ったバケツの中でウールマットを少しずつほぐし、
自力での脱出をサポート
(やたらに手を貸すと、足とか取れちゃいそうなので・・・)
本人は「パチン、パチン」と威嚇しつつも、何とか脱出。
マットに絡まっていたので、一瞬つぶれたように見えたのですが、
特にケガはなかったようで、一安心。
ランちゃん、2度目の生還です(^^)

確かに、2日くらい前から、工事箇所に変化がなく、
ダンナ様も冗談で「ウールマットに流されてるんじゃないの?」と
言っていたのですが、本当に流されてました(--;)
流された後、ウールマットの裏側に潜り込んで
絡まって動けなくなってたんでしょうね。
うちの水槽の場合、水面近くまで行かないと流されないので
ランドールがそんなに泳ぐなんて思ってなくて、ビックリでした。

しかし、ランちゃんの災難はこれでは終わりません。

ある日、まじまじと、穴掘り中のランちゃんを見ていたところ、
あれ?何か変。
よーく見たところ、小さいハサミだけで、えっちらおっちらサンゴ砂を運んでいます。
あ!左手の大きいハサミがない!!

何があったのかはわかりませんが、大きいハサミがなくなってました。
どうりで最近、ハサミを鳴らす音がしないと思った。。。(><)
これでは、威嚇もできないし、工事の効率もあがらないよね~
様子を見ていても、見るからに不自由そうで、可哀想。
脱皮すれば、ハサミは復活できると思うのですが、
まったくないので、何回か脱皮しないと無理じゃないかなぁ。

ランちゃん、本当についてないね~

今は見えるところで掘り堀りしてもらってるランちゃん。(暗くてすみません)
20081117①.JPG

最近はウミケムシと共生してます(--;)

nice!(2)  コメント(4) 

nice! 2

コメント 4

せいやん

ランちゃん災難続きですね。
きっと長生きしますよ。
早くパートナー見つけてあげないと・・・・。
ウミケムシがいたか、これはこれであり(?_?)
by せいやん (2008-11-19 11:46) 

kenken

>せいやんさん、こんにちは。
またもnice!有難うございます(^^)
確かに早くパートナーを入れてあげたいところです。
でも、そうなるとウミケムシとの三角関係で
ややこしいことになりませんかね~(^^;
by kenken (2008-11-19 19:09) 

hic

これは強運なのか不運なのか...
生還してるってことは結構な強運の持ち主かも?(笑)

脱皮で早く復活すればいいですね。
しかし脱皮って便利なシステムですよね。
by hic (2008-11-21 01:35) 

kenken

>hicさん、こんにちは。お返事遅くてすみません。
nice!も、ありがとうございます。

確かに強運なのかもしれませんね♪
私はひそかに「ミラクル・ランちゃん」と呼んでいます(^^)

今のところまだ脱皮した気配はなく、片手のままですが、
元気一杯、毎日トンネル工事にいそしんでいます。
淡水でもこういうエビがいると楽しいと思うのですが、
いないんですかね~

by kenken (2008-11-23 12:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。