So-net無料ブログ作成
検索選択

サボりすぎ。 2008.10.29

2008.10.29

だいぶサボり過ぎました。kenken(妻)です。

カニトラップを仕掛けて、つかまったらご報告しよう、と思っていたのですが、
まったく思うようにはいかず、いまだカニを捕まえられていません。
結局ライブロックを叩き割る以外、ないのでしょうか。。。
わざわざトラップ用にヤクルトまで買ったのに~

そんな中、魚が1匹しかいない状況に夫婦で耐えられず、
無謀とは思いましたが、タンクメイトを追加しました。
ハタタテネジリンボウとランドールピストルシュリンプの共生コンビです♪

またも通販で買ったのですが、二匹とも元気な状態で到着。
ほっとしながら慎重に水合わせをして、まずはランドールを水槽に放した直後、事件が。
ランドールが着底した瞬間、ケラマハナダイの「けらちゃん」の口に吸い込まれたのです。
え゛~、食べちゃったの~!?(@o@)

一瞬の出来事で、私の目は点になりました。
たしかに、冷静に考えれば、ランドールは「けらちゃん」の口に入るサイズ。
でも、まさか食べるとは想定外。

ショックも覚めやらぬまま、ネジリンボウは隔離ケースに収容。
さすがに魚は食べないとは思うけれど、これも「けらちゃん」の口に入るサイズ。
こうなったら「けらちゃん」のすべてが信用できません。
餌付きの確認と、「けらちゃん」からの保護が目的。

それにしても、せっかく無事に水槽に入れられたのに~、と
帰ってきたダンナ様に報告して、私は台所にいたところ、
「ランドールいるじゃん!!」との声が。
えっ、ほんと?
あわててダンナ様の指差すところを覗き込むと、ランドールの紅白の尻尾が♪
よかったぁぁぁ!\(^0^)/

どうやら「けらちゃん」は一度口に入れたものの、
抵抗にあったのか、硬かったのか、吐き出したようです。
あまりのショックと、その後すぐ「けらちゃん」が岩陰に入ったので
私がそれを確認できなかっただけでした。

その後、「けらちゃん」の容疑が晴れたことと、
ネジリンボウも人工餌を食べたことから、ネジリンボウも水槽デビュー
ランドールと出会えるのかしら、と二人で心配していましたが、
何とか出会えて、その後は仲良く二匹で行動。
念願のハゼとエビの共生が見られて、うれしい一日でした(^^)

新居の土地探し中の二匹。
これからも仲良くしてね~
20081029①.JPG

nice!(2)  コメント(4) 

はぁ。 2008.10.04

2008.10.04

本日もkenken(妻)です。

もうため息しか出ません。

本日、ハナゴンベの「はなちゃん」が☆になってしまいました。

朝から姿が見えなくて、探したところ、
ライブロックに住み着いているカニの食事になっていました。
何か他の原因で死んでしまって、そうなったのか、
カニに襲われてしまったのかはわかりません。
ただ、前日も一生懸命エサを食べていたので
病気だったとは、考えにくいところです。

我が家のライブロックには一つに最低1匹、
もれなくカニがついてきているので、
カニがいるということは、よくわかっていたのですが、
半年のうちにかなり大きくなっていたようです。
まず表に出てくることはないので、
私たちもその危険性をあまり感じていませんでした。

今思えば、「はなちゃん」の尾ひれが切れて短くなっていたのは、
カニにやられていたのかもしれません。
私はずっとハナビラクマノミの「海ちゃん」の反撃にあって、
短くなってしまったままだと思っていたのですが・・・。

こんな小さな水槽でも、中では弱肉強食。
仕方のないことだとは思いながらも、
一番可愛がっていたお魚だったので、
私もダンナ様も意気消沈。
ケラマハナダイの「けらちゃん」が入って以降、
思うように泳いだり、エサを食べたりさせてあげられなかったのが
今となっては不憫で、心残りです。

飼育期間146日。
我が家のお魚は「けらちゃん」1匹だけになってしまいました。

うちに来た頃の「はなちゃん」
080511①.JPG
ベビーだったのでエサを食べさせるのに苦労しました。

nice!(0)  コメント(4) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。